ゲームを巡る備忘録

PS4を中心に遊んでいます。たまにVRも。

PS4『Anima: Gate of memories』の感想 記憶の門は閉ざされた

Anima: Gate of memories

f:id:lucamoongames:20190106194758j:plain
今回このゲームの感想となっていますが、プレイしたのはだいぶ前になるので正直記憶にあまり残っていません。記憶が多少残っているうちに書き残しておこうと思いました。いや~すぐ忘れるなぁ…

気を取り直して…難易度の高いアクションゲームですね。「使者」という名の少女と「エルゴ」という名の男性キャラを操作して遊びます。古いですが、『ラストリベリオン』みたいに任意に少女と男性キャラを入れ替えてステージを攻略していく。

ゲーム画面はお世辞にもいいとは言えず、PS3っぽい感じがする。カメラの感度がいいので、人によっては酔うかもしれない。

f:id:lucamoongames:20190106214729j:plain
一番最初のボスかな。まだレベルやスキルも揃ってないので、普通に攻撃していれば倒せます。『ダークソウル』みたいですが、もっさり感はない。軽快なアクションを楽しめる。ですが、ゲーム後半や2周目になると難しくシビアな操作を要求されると思います。

それでブログを書くにあたって改めてプレイしたのですが、2周目にあたる『Game+』の終盤のボスに瞬殺されました(笑)まぁ、操作方法を忘れているし、敵の攻撃パターンも覚えていない。『Game+』は一度ゲームをクリアすると選択可能になります。レベルやスキル、アイテムを引き継いでプレイすることができる。もちろん難易度は上がります。

戦闘の基本は敵が攻撃してきたあとに隙ができるので、その時に合わせて攻撃を仕掛ける。それと敵の攻撃パターンを覚えることですね。ごり押しはできないと思ってください。一応レベルの概念はありますが、ポイントでスキルが手に入るくらいで、攻略が少し楽になる程度。レベルの上限は20です。プレイヤーのスキル依存が強い。どのアクションゲームもそうですが、慣れることが一番の攻略になります。

よくこのゲームクリアできたなぁ…今じゃ無理だ(笑)

それと、マップを探索するのが厄介ですね。マップが無駄に広く、マーカーのようなものもないので、次にどこ行くのか迷うことがある。行ける範囲をしらみつぶしに回った記憶があります。

戦闘の難しさもさることながらジャンプ移動を多用するので、失敗してしまうとまたやり直しになりイラっとする。そんなことが、しょっちゅうあります。ほぼすべてのマップのギミックに、ジャンプ移動が絡むと思っていい。シビアなタイミングを要求されるものもある。

f:id:lucamoongames:20190106221955j:plain
キャラクターデザインは日本人でも受け入れやすい感じがします。キャラが気になったから購入したわけだし…で、難易度が高くて絶望した。

ストーリーはだいぶ前にプレイしたので覚えていません。字幕は日本語で音声は英語になっています。翻訳された日本語に違和感を覚えることがあるかもしれない。プレイする分には問題ないでしょう。

トロフィー的なこと

難しいのはアイテム収集と2周目の『Game+』をクリアすることですね。

f:id:lucamoongames:20190106232608j:plain
究極のコレクター」ですが、2周目で取得しました。収集アイテムは引き継げる。ですが、時限要素があります。画像の真ん中にキャラと紫色に光るものがあります。確か「欠片」みたいなものだと思いますが、ゲームが進行すると行けなくなる場所が出てくるので、一部取り逃しすると次の周になってしまいます。セーブデータを細かく分けたいのですが、5か所しかセーブできません。それに前に収集した欠片も2周目のステージに存在しているので、どこを取り忘れたのかわからない。遠めに見て「あった!」と思っても、以前集めていてがっかりすることがあります。なので、またしらみつぶしに探す必要が出てくる。メモを取りながらプレイすることになります。確か、英語ですが収集アイテムの攻略リストがあった記憶があります。それを参考にしました。

f:id:lucamoongames:20190106235626j:plain
次は2周目クリアで取れる「再発する記憶」になります。参考になるかわかりませんが、『Game+』をクリアした時の装備等の画像ですね。2周目のラスボスは少女「使者」の魔法攻撃しかダメージが入らなかった記憶があります。何度か挑戦し、パターンにはまったところで倒した感じですね。

慣れるまでは大変ですが、そこを乗り越えれば面白く遊べる。アクションゲームとしての魅力はあるのではないでしょうか。興味があればプレイしてみてください。